Coffea & Barista

 

エスプレッソホームの住宅ブランド

Coffea ‐コフィア‐ には材木店であるとエスプレッソホームブランドの珈琲が組み合わさっています。コフィアには、コーヒーの木という意味があります。

 

住まいにコーヒーを添えるという「おうちカフェ」、現在ではそのおうちカフェがコンビニや様々な住宅メーカーなどでもよく聞くフレーズとなってしまいました。

 

わたしたちエスプレッソホームは、そんな「おうちカフェ」をわたしたちなりに、住まいに添えることを考えました。それがこの新ブランド「Coffea(コフィア)」です。

 

単に住まいの中でコーヒーを淹れる道具がそろっていたらいいの?

 

それももちろんですが、わたしたち住宅屋だからできる「おうちカフェ」は、やっぱり家の建築にかかわる「おうちカフェ」の空間づくりだと思います。

 

それでは、おうちカフェの空間づくりとは、いったいどういうものなのでしょう??

 

 

Coffea(コフィア)には、3つのシリーズがあります。

 

それは、お客さんによって選べる、そして一番近いものから、当然、自由に設計して、自由に変化していける住まいづくりのご提案です。

 

 

現在、実際に着工し、建築が進んでいます第一のシリーズ。

Coffea & Barista (コフィア & バリスタ)

 

 

バリスタとは、エスプレッソというコーヒーの原液をマシンを使い抽出する人のことです。

うちカフェと同じく、ホームバリスタという言葉があるように、家でコーヒーを淹れて楽しむことに注目しました。

 

いつものキッチンでは、やはりカフェのような空間を維持し続けるのは難しいですよね。様々なメーカーのシステムキッチンは、今ではかなり便利になり、そしてデザインも多くお手入れも簡単です。そんな家庭のキッチンをバリスタ仕様にするのではなく、住まいに1つだけ、家族もくつろげる、友達も呼べる、カフェステーションをつくること、です。

 

 

 

小さくても、狭くても、そこだけがカフェができるお店のような。

 

 

 

ヨーロッパのバールのように、おもてなしができて、そして自分たちも美味しいひと時を過ごせる空間づくりが、Coffea & Barista の特徴です。

 

モザイクタイルを張ったり、クロスで遊んだり、カウンターの材質を選んだり、壁にはアイアンのフレームで棚を作ったりしてもいいかもしれません。シンクやIHは基本シンプルな仕様。それらに衣装を着せるように、無数のアレンジを加えてカフェステーションを組み立てます。

 

本サイトでは、そのCoffea & Barista の家ができるまでを追って記事にしていきます。引き続き覗いてみてくださいね。