#05.KIM HYOSUB

 

韓国で知り合ったバリスタのヒョソプ氏

 

その後も、2011年10月の訪問時には、自身で豆の焙煎を担当プロデュースしているカフェへと案内してくれ

 

会うたびに、コーヒー談話はつきませんでした。

 

 

このエスプレッソホームという建築事業を開始した時も

 

彼に報告し、一番に喜んでくれました。

 

 

そしていつも海の向こうから応援してくれていました。

 

 

 

2012年5月

 

私は祖母と従妹、母と妹夫婦を韓国ソウルへ招待しました。

 

祖母に何か恩返ししたくて計画したこの旅行では、食べ歩きを満喫し、観光し、これまで私が重ねてきた韓国の穴場スポットをたくさん案内できました。

 

親や祖父母にはとても礼儀正しく、優しい国。

 

私の韓国の友人たちは、みなとてもよくしてくれました。

 

 

 

夜、仕事終わりのヒョソプさんと食事をすることになりました。

 

昼間歩き疲れた祖母は、ホテルで休むと、私と母、妹夫婦、従妹の4人で会いに行きました。

 

デジカルビと言われる甘く漬け込んだ豚肉の焼肉を堪能し、韓国焼酎やビールを次々と空にし、気が付けば・・・私と妹の旦那、ヒョソプ氏の3人で、韓国焼酎が十数本、空の状態で並ぶ光景に。

 

初めてあんなに韓国で飲みました。苦い思い出ですが・・・・。

 

 

男3人は、泥酔。歩けないほどになり、私はお店の外でヒョソプ氏と座り込みぐったり。

 

日本語が通じないエリアだったので、母も妹も、従妹も心配して、とても慌てていたのを覚えています。

 

あのヒョソプ氏も、言葉がべろべろになるほどに酔っており、あたりはすごい光景になってました。さすがに母にも怒られましたが。

 

ホテルに帰ろうにも、これだけ泥酔していたらとタクシーに乗車拒否され、どうやって帰ったらいいのか・・・と途方に暮れていると、お店の若い子が、自分の自家用車でホテルまで送ってくれると言ってくれました。

 

車で1時間近くかかるところなのに・・・本当にあの時はありがたかったです。

 

 

 

この事件、は、ヒョソプ氏も深く思い出に残っていて、当時、泥酔していたヒョソプ氏の鞄を、私の母が盗られないように両手で大事に抱えていたそうです。

 

そのことを今も、彼は嬉しそうに、そして申し訳なさそうに話します。

 

 

 

 

 

2012年、7月

結婚したヒョソプ氏は、奥様と一緒に私に会いに来日してくれました。

 

熊本城を観光し、福岡・熊本の様々なカフェを一緒に巡りました。

 

彼が私にしてくれていたように。

 

 

北九州では、私の家族や友人とも夕食を一緒に楽しみ、両親との再会も果たせました。

母が嬉しそうに、おもてなしをしていたのを思い出します。

 

そして相変わらずお酒が強い。日本酒も美味しい!とたくさん飲んでくれました。

 

 

 

 

 

エスプレッソホーム初のモデルハウスにも来てくれました。

 

カフェというものを住宅に取り込むようスタートしたエスプレッソホーム

住宅の性能は、パナソニックとの共同により耐震工法、断熱性能をしっかりとカバーした住まいです。

デザインをどのように表現するか、そして数ある住宅商材メーカーの中から、どんな工夫をし、見た目だけでない機能をも重要視した内装にするかを必死に考えて完成した最初のモデルハウスです。

 

 

 

もちろん、美味しいコーヒーを添えて。

 

 

 

 

こうして、私たちは年月をかけ、お互いの国を行き来しながら、お互いの事業を応援し、美味しいコーヒーをもとめていったのです。

 

 

 

ヒョソプ氏は、日本語が話せません。

 

 

彼と私をつないでくれたのは、やっぱりそう、コーヒーでした。