SCAJ2018

 

今年も東京で開催されました、アジア最大級のコーヒーのイベント、「SCAJ2018」

今年で15回目の開催だそうです!昨年に引き続き、パナソニックは焙煎機 The Roast をメインに様々なセミナーや展示を行いました。

エスプレッソホームを代表して、今年もご招待いただきましたので、行ってきました!

 

毎年そうなのですが、海外の方がとても目立ちます。

日本はもちろん、中国や韓国、そして中南米などなど、来場としてもそうですが出展企業としても海外からの注目度は高いですよね。

 

今年の会場は昨年よりも広くして開催している模様。たくさんのコーヒーに関わる出展企業がある中で、コーヒーに関わる協議会も同時開催。

バリスタやドリップなどの日本一がこの場で決定します。すごい人でした!

 

行列ができていたのは、コーヒー豆の中でも最高クラスのブランド、ゲイシャコーヒーのブース。とても貴重なコーヒーで、お値段も高額。試飲ができるということで、みなさん列にならんでおりました。

もちろん私もいただきました!

相変わらず、強い香りにインパクトを覚え、口に含むと本当にフルーツのような味わいです。多くの一般の方がおそらく飲んだことない!初めてのコーヒー、と語るのではないかと思います。美味しかった。

 

 

さて、広い会場内を色々と見て回り、エスプレッソホームの事業展開のヒントになる商材や出会いを求めました。

そして、ある人だかりを見つけると、我らがパナソニックブースでした!

 

今年はコーヒーミルなどの開発・販売をおこなっているダグラス氏も参加。

エスプレッソホームでも使わせてもらっているこのコーヒーミル。

私も色々なミルを使ってきましたが、断然トップなコーヒーミルです。デザインもカッコいい!

 

こちらは同じくダグラス氏のコーヒー測量器

豆を入れておいて、分量に応じて落ちてきます。一回一回量る手間がなくなる商品ですし、これまたデザインがカッコいいです!

 

こちらはペッパーミル

会場内、女性のお客さんたちにも注目度大でした!

 

パナソニックブースでは、もちろんこういったミルや商材のPRもされていましたが、やはり The Roast ブース、焙煎士の後藤氏がステージに立った瞬間から多くのコーヒーファンの人だかりができていました。

 

コーヒー豆の焙煎プロファイルなるものを見せていただきましたが、すごいです・・・。

毎秒、加熱、風量、などなど本当に繊細で細かい作業と知識と腕が必要なんだなと再確認しました。

このThe Roast を使っても、こうして裏ではとてつもない苦労があるのだなと感じました。後藤さん、素敵です!

 

今回会場ではスペシャルなコーヒーがふるまわれておりました。

沖縄でつくられた日本初のスペシャルティコーヒー、「AKATITI (アカチチ)」 です。

以前、沖縄のコーヒー農園への記事もUPしましたが、そこで作られたコーヒーです。

 

The Roast にこのアカチチの焙煎レシピを導入し、今回、焙煎して試飲提供しておりました。こちらもとても貴重なコーヒー。

飲んでみて思わず声がでちゃいました。

美味しい!

飲みやすく上品な甘さが口の中に残る、こちらも私個人的にも初めて飲んだコーヒーの味です。日本らしい!もっともっと飲みたくなる味です!!

 

コーヒー農園の方々は、天候気象、様々な条件に左右されながらも、最高のコーヒーをつくりあげてくれています。

国内でそれを達成できたということ、このアカチチを完成させた沖縄アダ・ファームさんに感謝しながら、そして感動しながらいただきました。

 

 

今年のSCAJもたくさんの仲間と会うことができ、そして新しい発見を得て、私たちエスプレッソホームはこんな異業種かと思われる人たちと、ひとつこだわり をもって展開していきます。

美味しいコーヒーを淹れるまでの苦労。

夢のマイホームができるまでの苦労。

 

そんなお手伝いをしていくべく、この会場で得たことをさらに今後の私たちの企業展開に活かしていこうと思います。

 

大変楽しい時間でした。ありがとうございました。