パナソニック耐震住宅工法「テクノストラクチャー」を用いた住宅の販売会社、エスプレッソホーム

ロゴマーク

講座

講座

講座

 

大きなムービーはこちら

 

コラボレーション

パナソニックビルダーズグループ

リンク
  • テクノストラクチャー
  • 住宅ローンシュミレーション
  • リビングベル
  • ばーちゃるホームフェア

バー

~リクナビ2016インターンシップ~
2014年8月に行った当社のインターンシップ参加学生さんの体験記です。

 インターンシップとは?? 
学生さんが就職活動で悩むことってなんだろう?様々なアンケートでは、「業界研究」や「将来のビジョン」が不足していたと感じることが多いようです。”内定を目的としない「働く」を知ることのできる場” それがインターンシップです。学生さんが、社会に触れ実体験を得る、活躍したい場所や活躍できる場所を思い描く。実際の企業の職場を体験することで理解を実感にしてもらうことを目的で行っています。
エスプレッソホーム事業開始時よりずっと続けてきましたこの企画。2014年8月に行った当社とリクルートさんのコラボ 「インターンシップ」参加学生さんの体験記を掲載・紹介していくコーナーです。
※掲載枠の都合により、一部抜粋したものを掲載しております。


イベント情報
紫バー

■ 8月31日参加 福岡大学 工学部 I.Kさん

【1、参加理由】
就職活動前の夏休みの間に、心構えを身に着けたいと思い、住宅とエスプレッソの組み合わせに興味があり参加しようと決めました。

【2、インターンシップで得たもの】
平屋建ての住宅現場を見学し、施主さんと設計士のお付き合いの大切さ、形づくられていく住宅へのお互いの期待を感じることが出来ました。
また、建設途中の住宅の中を設計図と照らし合わせながら見学するという、貴重な体験をすることができました。

【3、受けてみての感想】
初めに福原さんとお話をさせていただいて、考えをお聞きすることが出来ました。モデルハウスを見学に来られた方に珈琲を提供し、友人の家に来たような感覚で観てもらえる。さらにコンセプトにカフェを上げていて、将来、展開していきたい事業をお聞きし、とてもチャレンジ精神をもった熱い方だと感じました。現在、私は自分の方向性に迷いを抱いていたのですが、そのことをお話したところ、経験に基づき多くのアドバイスをいただくことができました。その後、建設途中の住宅を見学しに行き、そこの施主さんとお話しました。出来上がっていく家に期待を抱く施主さんと、その様子を長い時間見守っていく設計士さんの関係というのを肌で感じ、やはり良いものだなと思いました。これからの自分がやりたい事の方向性が見つかった気がします。

 

紫バー

■ 8月31日参加 福岡女子大学 国際文理学部 T.Mさん

【1、参加理由】
カフェでのアルバイト経験から、接客業に興味があったのですが、飲食店での接客以外に社会にある様々なおもてなしを学んでみたいと思い、参加を希望しました。

【2、インターンシップで得たもの】
今回のインターンシップで一番強く印象に残ったのは、お客様や大工さんといったステークホルダーとの信頼関係でした。”住宅”という一生に一度、購入するかどうかわからない大きなものを作る、売る、デザインする、その責任の重さに応えることの難しさを感じました。
お客様の意志に沿った形で、でも資金や作業工程をクリアできるように・・・それを実現させるためには、周りの関係者の方々との強い信頼関係を築くことが大事だと気づきました。

【3、受けてみての感想】
建築に関しては、専門に学んでいないので教えていただけること全てが新しいものでとても楽しかったです。実際に建築途中のお宅を訪問し、住宅完成を待つお客様の待ち遠しそうな様子や、完成に近づきつつある様子を自分の目で見る事で、私自身も住宅完成が楽しみになりました。これまでは建築途中の住宅を見ても、特別何か感じることはありませんでしたが、その家を設計した人がいて、家を待ち遠しにしている人がいて、実際に作っている人がいるという背景を知ることができ、自分の中に新しい気持ちの変化がありました。目に見えている裏側にある人の努力や時間を考えること、つまり目の前にはいない他の人への思いやりを大事にしたいと思うことができるようになりました。建築の知識だけでなく、接客の際の心遣い、他者との信頼関係の大切さなど、1日で多くのことを教えていただきました。本当にありがとうございました。